Latest Posts

性転換手術が可能

現在の日本では戸籍から性別を変えられるようになりました。男性が女性に変わる、逆に女性が男性に変わることが可能となったのです。
本来の性別では日常生活に支障が出てしまうという身体と精神の相違がある場合、性同一性障害と認められる法律が確立したからです。

 

性別の不適合という悩みは、当人しか知り得ない大きな苦痛があるはずです。そのため身体的には男性で生まれた人が、精神が女性であることから、性転換を希望し体ごと女性に生まれ変わるといった手術が、美容外科でも可能になっているのです。

この手術には多額費用と大きなリスクも伴いますが、それでも女性としての自分を手に入れたい人が存在している限りは、貴重な医療技術と言えます。胸や下半身の外科手術に加えて、ホルモン投与を含む大手術において、術後のアフターフォローや再度の診察は生涯欠かせないものになるかもしれません。
しかし、その満足感が生きる気力になるのです。

 

性別を変えてでも自分らしさを手に入れたい願望が、叶えられる時代になった喜びは人権が尊重されている証拠です。一昔前は社会で批判さえていた時代に比べると、まさに男女差別のない開かれた社会になってきたと言えるのではないでしょうか。

大切なカウンセリング

思い切って美容外科を受診する時、一般的には事前相談を行うことが出来ます。
まず、自分の悩みや希望を専門ドクターや女性カウンセラーが、術前カウンセリングをすることから始まります。美容外科だけに限らず、どんな手術においても患者と病院の合意なくしては先に進めません。特に病気ではない美容外科には、大きな信頼関係が必要です。理想とする身体的変化の目的が明確であるからです。
そのため、じっくりと相談や話し合いを繰り返しながら、施術に至ることが目的とされています。費用面からアフターケアまで、すべてにおいての不安点がないように、このカウンセリングは大変重要です。

 

患者になった際には、自身の身体的状況を隠さず話すことです。医療には副作用やリスクも大きく存在しているものです。一刻も早く美しくなりたい心理はありますが、焦らず、しっかりとしたカウンセリングを受けるべきです。
もし、このカウンセリングにおいて拭えない疑問が生じれば、一旦美容外科手術を考え直してもよいのです。顔もしくは体にメスを入れることは容易なことではありません。自分がよく納得してこそ、受けられる医療です。そのようにして簡単には手にはいれられないのが、美なのかもしれません。

体のコンプレックス

人は誰でも自分の心身にコンプレックスを抱えているはずです。何もかもが完璧で満足している人はいないでしょう。人が気にならない個所でさえ、自分は嫌でしょうがないと思いこみが強くなるものです。性格のような内面的な部分は、自己開示し自分のことを深く理解することにより、少しずつ自分を変えていく努力が出来るものです。たとえ、すぐには変えられなくても、意識や転機となる出来ごとによって人は変われるのです。
しかし身体に関する、自分ではどうしようもない深い悩みを改善したい時は、美容外科などの受診を考えることもあるでしょう。手術を受けることで、満足のいく自分になれる幸せが得られます。金銭的な負担はありますが、悩みを克服することで精神面を安定させることが出来ます。

 

最近の美容外科は、医療技術の向上から今や不可能がないほどに進歩しています。
一般的には、顔の一部をなおして理想の顔に近づくために受診することを連想させますが、きれいになるための施術は多様にあります。痩せてきれいになりたい、豊胸、全身脱毛、レーシック手術、薄毛治療など男女問わず、どんな相談でも出来るようになっています。内に秘めた悩みを他人に打ち明けること自体、とても勇気が必要です。

 

しかし、それが自分を変える第一歩になるのです。その悩みについて、親身になって応えてくれる人がいることに喜びと安心を得ることが出来ます。そこで医師との信頼関係も生まれてくるのです。コンプレックスをチャームポイントや個性として受け入れて人生を歩んでいくのも、自分を変える技術に出会って新しい人生を手に入れるのも、あなた次第です。