性転換手術が可能

現在の日本では戸籍から性別を変えられるようになりました。男性が女性に変わる、逆に女性が男性に変わることが可能となったのです。
本来の性別では日常生活に支障が出てしまうという身体と精神の相違がある場合、性同一性障害と認められる法律が確立したからです。

 

性別の不適合という悩みは、当人しか知り得ない大きな苦痛があるはずです。そのため身体的には男性で生まれた人が、精神が女性であることから、性転換を希望し体ごと女性に生まれ変わるといった手術が、美容外科でも可能になっているのです。

この手術には多額費用と大きなリスクも伴いますが、それでも女性としての自分を手に入れたい人が存在している限りは、貴重な医療技術と言えます。胸や下半身の外科手術に加えて、ホルモン投与を含む大手術において、術後のアフターフォローや再度の診察は生涯欠かせないものになるかもしれません。
しかし、その満足感が生きる気力になるのです。

 

性別を変えてでも自分らしさを手に入れたい願望が、叶えられる時代になった喜びは人権が尊重されている証拠です。一昔前は社会で批判さえていた時代に比べると、まさに男女差別のない開かれた社会になってきたと言えるのではないでしょうか。